価格破壊されるweb制作!彼らはどうやって稼いでいるのか!?

一つのサイトを作るのに数百万円かかっていたことも

web制作は誰でもできるといえる反面、野暮ったさを感じさせないスタイリッシュなサイトを作ったり、あるいはプログラムをいくつも組み合わせてウェブサービスを作ったり、ネットショップを作るには優れたセンス、そして技術力が必要です。こうした能力を持つサイト制作会社、および、個人の制作者は限られており、そのため彼らに依頼するためにはかなりのお金が必要でした。一つのサイトを作ってもらうのに数百万円支払うということも珍しくなかったのです。
しかし、現在は優れたデザイン、内容を持つサイトをわずかな金額で作る制作者が増えてきています。安くしないと受注できないという面もありますが、安くしても利益を出せるようになってきたというのも大きな理由でしょう。

CMSの登場が価格破壊を可能にした

では、低料金でウェブサイトの制作を請け負っている人たちは、具体的にどうやって利益を出しているのでしょうか。その鍵を握っているのがCMSの存在です。
昔は、オリジナルのサイトを作るためにはHTMLとCSSを一から書くしかありませんでした。そのため、膨大な時間がかかり、制作料金を高くしないとやっていけなかったわけですが、商用目的でもフリーで利用できるCMSがいろいろと出てからは、CMSをベースにして、デザインだけ作ればよくなったので制作期間を大幅に短縮できるようになりました。そのため、安い料金でも請け負えるようになったのです。
また、CMSは不定期で新しいバージョンのプログラムが出ますが、そのアップデート作業を代行して料金を取ることで収入を増やしている制作者も多いです。

web制作会社にホームページ作成などを頼めば、その道のプロが作成してくれるため、魅力的なホームページが作れます。